2011年8月22日

日本から片道11時間かかるニュージーランドでは手付かずの大自然が多く残っています。そんなニュージーランド旅行では世界遺産の観光から、広大な大自然で味わうことができる体験も醍醐味です。ニュージーランドの歴史は浅く、約150年前にイギリス人が移住するまで開拓されていなかったために手付かずの自然が多く存在しています。現在では3つの自然が登録されているのですが、2つが自然遺産、1つが自然と文化が融合した複合型の遺産です。クック山とミルフォードサウンド以外はツアーパッケージにはあまり含まれていませんがオプショナルツアーなどを利用すれば行くことができます。ニュージーランド旅行では限られた日数で見どころをすべて回るのは大変なので効率よくプランを練って楽しむことをおすすめします。
ニュージーランドは南半球にあり、太平洋プレートとオーストラリアプレートが接する場所に位置しています。首都のウエリントンやオークランドのある北島とクイーンズタウンやクライストチャーチがある南島、他に多数の小さい島々があります。北島と南島の一部はオーストラリアプレート上にあり、南島のほとんどは太平洋プレート上にあるために様々な自然現象を生み出しています。
国土の3分の1が国立公園や自然保護区に指定されており、そのような場所には遊歩道が整備されています。トレッキングやハイキングで歩いて自然を満喫できます。北島のロトルアでは、地熱活動が活発で間欠泉や火山渓谷が見られます。温泉も湧いています。オークランドでは90マイルマイルビーチが広がっており、海岸線をバスが水しぶきをあげながら走るアトラクションがあるそうです。かと思えば南島のミルフォードサウンドでは、フィヨルドと呼ばれる氷河の浸食によって作られた断崖絶壁のあいだをクルーズ船で遊覧できたりします。ほかにもエメラルドグリーンの澄んだ湖や氷河を見ることもできます。国土は日本の4分の3ほどしかありませんが、自然がいっぱい詰まった国です。ニュージーランド旅行では自然を目一杯感じて欲しいです。

2011年8月19日

父の定年退職のお祝いに私と姉から両親へ北海道旅行ツアーをプレゼントしました。私自身両親へは沢山苦労をかけてしまいましたし、プレゼントの件を姉に相談した所、姉も同じような相談を私にしようとしていたそうで思いの外とんとん調子に話を進める事ができました。定年退職のその日、父が帰宅した所で父と母に感謝の言葉と労いの言葉と共にプレゼントの事を話しました。もちろん内緒にしていた為とても驚いていましたが、心から喜んでくれた様子です。今頃は北海道で何か美味しい物でも食べている時間だと思いますが、夫婦水入らず、長年の苦労話や思い出話に花を咲かせながら新しい人生の門出となるような素晴らしい旅行にしてきてくれたらいいと思っています。
北海道の食べ物は本当に美味しいです。この冬の時期はうに・かに・いくらなどの海の幸が本当に絶品です。
やっぱり北海道旅行ツアーに行くならこの時期が一番いいと思います。先に述べました食べ物の他にも私の大好きなウィンタースポーツを思いっきり楽しむことができますし、雪まつりも開催されます。
氷で作成された芸術は実際目にすると本当にすごい迫力だろうなと思います。私はテレビでしか見たことがないので、本当に残念です。
ライトアップされた氷はイルミネーションとはまた違った美しさをもっているので、雪まつりは一日中楽しめるイベントだなと思います。
私はまだ北海道に行ったことがないので是非北海道旅行ツアーに参加したいです。

2011年8月16日

九州は南国、温暖な気候でまるで海外へ行った気分にも慣れますが、そこは日本国内なのです。当然日本語が通じますから、コミュニケーションも十分に取れます。日本に居ながらにしてなんと、異国情緒も味わうことも出来ちゃうのです。長崎などはかつて歴史的建造物でもなじみ深い土地、出島があった所です。出島のオランダ商人がかつて闊歩していた時代にタイムスリップしてみませんか。そんな九州旅行ツアーは、企画満載で今計画中です。頑張って仕事をしてもうすぐ、休暇が取れるとなると自然と身体が動いてくるからふしぎですね。胸がわくわくし通しです。今回は九州のいろいろな地方を様々のバリエーションで楽しませてもらおうと思っています。
九州旅行でとてもこれからもいいことなどをしっかりと発展させられるような状況などを作れるような展開などをたくさん行ってみるといったことなどがとてもいいと思いますので、そうしたことでますます自分がやりたいことなどを見つけられるような発想などを取組んで見るような方法などがわかってくるようになればとても素晴らしい状況などを応用して見るような方法などを作れるようになってくるといったことなどがありますので、そうしたことでますます自分の知識名祖を深めてみていい場所などを選んでツアーに参加できるようになってくるでしょう。そしてますます九州旅行によってとてもより良い感動などを見つけられるような工夫などをしてみるといいでしょうからとても友達などを誘ってみるような状況などを作りましょう。

2011年8月15日

関東は北と南に分かれていますが、何県が北で何県が南なのかご存知でしょうか。北関東旅行に行ってきたと言われても一瞬どこだろうかと考え込んでしまうかもしれません。南関東生まれの私は一応イメージすることはできますが、分からないという人も多いのではないでしょうか。南関東とは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のことです。北関東とは、茨城県・栃木県・群馬県のことです。実は南関東に生まれても北関東の位置があやふやなこともありますが、一応県は北と南に分けることは出来ます。北関東は東北に近いということもあって冬はとても厳しいと聞いたことがあります。南関東の千葉県などは北関東に比べるとかなり穏やかな気候だと思います。
旅行といえばまず行きたい場所(地域)を決めてから行くものですが、ざっくりと関東旅行なんていかがですか。東京だけをめぐったり、千葉だけを重点的に見るなんてもったいないですよ。だったらそれぞれの県のよさをつまみ食いのようにしていったらどうですか。最近では一枚の切符で数日間電車乗り放題なんていう切符もあるみたいなので、車で行くよりもお安くまわることができますし、行き当たりばったりなんていうのもスリルがあっておもしろそうです。また関東地域は人が多ければ文化や風習も多い地域でもあります。なので見所は満載ですよ。現地の人と触れ合うなんていうのもいいですね。時間の余裕ができたら電車でゆったり関東地域をぶらり旅をオススメします。

2011年8月14日

ウズベキスタン旅行でよく勘違いされることの中にその有名な名前の意味があると私はおじいさまからききました。
その名前にはたくさんの意味が込められているといいうことなのですが、それを決めるまでにも数々の争いや結婚式などがあったのも事実だということで、簡単に一口でウズベキスタン旅行といってもいいのかとわたしは思ってしまうのです。
それでもその時の体験を話してくれたおじいさんは何度も何度もウズベキスタン旅行というこの神聖な言葉を口にしていましたから、きっとそのことを口にすること自体は悪いことではないのでしょう。
それでも心配だった私は、おばあさんにも同様のことを聞きに行ったのをよく覚えています。
おばあさんは台所にいました。
ウズベキスタンは、隣接する国家としてキルギスやトルクメニスタンなどを隣に従えた山岳国家としても有名です。更に、周辺にはアラル海をはじめ、多くの歴史で登場する著名な観光スポットを持っている事もあってか、一部の大変歴史に詳しい観光客や、山岳地帯への観光を求める方にとって人気のある観光地としてその隆盛を誇っています。元々山岳地帯だったところに作られた都市ですので、大変広陵としている反面、自然の影響を今でも色濃く残すその立地性や観光資源などは、多くの観光客を魅了して止まないといえます。実際にウズベキスタン旅行を計画し、実行する方の大半が、このウズベキスタンならではの魅力と独特の文化や風習を求めて旅立っています。

2011年8月12日

トルコ旅行中部の観光でぜひ訪れて頂きたいのは、パムッカレです。
パムッカレは綿の城という意味の街で、湧き出す温泉の石灰分が気の遠くなるような時間をかけて今のような形になりました。
今は残念ながら立ち入りできる場所は限定されていますが、実際に温泉につかる(というよりもほぼ足湯)ことができます。
またパムッカレのすぐ近くにはヒエラポリスの遺跡があり、そこには温泉が溜まった天然温水プールに入れます。
この温水プールのすごいところは、プールのなかに本物の古代ローマ時代の柱が沈んだままになっていて、その上に座ったりできてしまうことです。
日本人が大好きな温泉と世界遺産(複合遺産)が同時に楽しめ、しかも絶景であるパムッカレ。トルコ旅行の際には必ず訪れていただきたい場所です。
ますますトルコ旅行を利用してみて、良い旅として活用ようなことなどがあれば、作れるようになってくるといったことなどがあるでしょうから、これからはトルコ旅行があるだけで、とても便利になってくるような、状況などを、見つけられるようになってくるはずでしょうから、とても素晴らしく見えてくるようになってくるでしょう。トルコ旅行で、しっかりとおもしろいものなどを活用できるような状況などがあれば、とても楽しいでしょうから、トルコ旅行の仕組みなどをもっと良いものにすることなどがとても素晴らしいでしょう。そうしたことで、海外旅行も楽しくなり、トルコ旅行はますます需要などが高くなってくるような状況などもあるでしょう。

2011年8月9日

九州旅行ツアーでは、温泉を楽しむことが可能です。
九州旅行ツアーでは、湯布院や別府や霧島や指宿といった、日本でも有数の素晴らしい温泉を巡ることが出来るものもあります。
温泉に入ることによって、とても優れたリラックス効果を得ることが出来るでしょう。また、お肌がすべすべになるでしょうし、女性の方にとって嬉しいものです。
お宿によっては、露天風呂を楽しむことが出来ますので、開放的な気分で気分を安らげることが出来るでしょう。また、家族や友人との仲が深まるものですので、誘い合わせて九州旅行ツアーを楽しむと良い経験をすることが出来るでしょう。
とても豪華な旅館もたくさんありますので、良い休日を過ごせることが間違いないでしょう。
普段東京で暮らす私にとって九州地方は自然の多い穏やかで素敵な地域であり、ストレス発散、リフレッシュすることができました。今回の九州旅行ツアーは鹿児島から始まり、福岡佐賀熊本そして長崎へ行ってまいりました。鹿児島では桜島、福岡では川下り、佐賀では吉野ヶ里遺跡を見てきました。続いて熊本では有名な阿蘇山へ。カルデラをしっかり見てきました。ガスの濃度によって火口まで入れないことが多いので素敵な経験ができたと思います。長崎では原爆ドームを訪れました。戦争を経験していない私にとって大変心苦しいものも多かったのですが、忘れてはいけない大切な歴史を学ぶことができました。また異国情緒あふれる長崎の町は食べ物も美味しく、素敵な観光スポットだと思います。

2011年8月7日

鳥取旅行の楽しみ方で、東西で文化圏が異なります。西側は島根県に近く、文化面においても、港町などが周りにあるため、鳥取の中でも栄えているエリアです。また、漫画家が出身者として多くいるため、そういった人のモニュメントであったり、記念館があるため、そういったエリアに行く楽しみ方もできます。また、温泉も多く点在しているため、ゆっくりとしながらも文化的なエリアを巡っていくことを楽しむことができます。そう考えると、山陰地方はあまり特に関東圏からはあまり認知度が高くないのが現状ですが、非常に趣のある場所が多くあり、そういった場所を発見していくことができると、楽しい旅行を行うことができると言え、そういったことができるエリアです。
鳥取というと砂丘がまず思い浮かび、そしてそれはどういうものなのだろうと考えてたりするけれども、やはり砂丘という物を漠然と想像するというのはなかなか難しい事だと思います。
鳥取の砂丘というのはいったいどういうものなのか謎は深まるばかりです、そう思ったのならその時こそが正に鳥取旅行へ行くべき時だとそして真実を知るために向かうときなのだと思います。
鳥取の謎というと水木しげる思い浮かべる人もいるかと思います。
妖怪たちの謎がもしかしたら鳥取の地に眠っているのかもと妄想したりするのはとても楽しい事なので実際に行ってみれば更に楽しい事は間違い無いという事ではないかと思います。
鳥取旅行に興味をどんどん惹かれていきます。

2011年8月4日

格安航空券や高速バスの普及もあって国内旅行格安ツアーは今や多くの旅行会社が主催しています。それだけに多くの旅行パックからどれがいいかを選ぶのは迷うこともあると思います。旅行会社の売り出す国内旅行格安ツアーはオフシーズンか、シーズン中か、航空券をどれくらいの値段で航空会社から卸されたか、サービス内容、添乗員が随伴するかなど多くの要素が絡んで値段が変わってきます。自分に合った、求めている旅行内容を見つけるためにも、まずツアー旅行を比較するウェブサイトや旅行会社のサイトやパンフレットなどを参考に多くの国内旅行格安ツアーの情報を集めるとよいでしょう。そして内容の重複するツアーからより自分の条件に合ったツアーを選んでいくと満足いく国内旅行格安ツアーを見つけることができるでしょう。
最近では、様々なツアーパックなどが企画され、連日、多くの観光客の方達が、新幹線やバス、或いは飛行機などを利用して旅行へと旅立たれています。ですが、観光地によっては、人気の具合に差があったり、季節の関係で観光客が集まらない場合が有るのです。こういった地域への観光旅行の際には、実は正規の金額よりも安く旅立つことが出来る商品が多く発売されることがあります。そrげあ、国内旅行格安ツアーと呼ばれる物です。場合によっては、正規の金額の半額以下で利用できるツアーパックなども存在しているほどなので、あまり季節の名所や名物にこだわりが無い方や、純粋に旅行を楽しみたいという方にとっては、大変利便性の高い旅行ツアーパックだと言えるのです。

2011年8月3日

フィンランド旅行は、ヨーロッパ各地から旅行者の人気を集める旅行地です。特に近年は格安航空の発達により、ヨーロッパ各国の行き来がさらに便利になりました。フィンランド旅行のついでに他国を廻ることも低予算で簡単になりました。そして便利なのは、通貨がユーロであるため、両替や買い物もわずらわしくなく安心です。そして豊かな自然、ヨーロッパらしい街の雰囲気、この国に暮らす人々の暖かさ、忙しい社会から開放された気持ちになり、いやなことも忘れられること、本当にみんな旅行者に親切です。フィンランドはおいしいものも、たくさんあります。特に家庭的なフィンランド料理や新鮮な魚介類や温かいスープはおすすめです、必ず味わいましょう。
フィンランドは、北ヨーロッパに位置する南北に長い国です。私達には、サンタクロースやムーミンの国として、大変馴染みの深い国です。そこで、サンタクロースさんのお家訪問を目的に、フィンランド旅行を考えてみました。サンタクロースさんの家は、フィンランドのラップランド地方にあります。サンタ村には、特別な郵便局があります。世界中の子どもたちが、サンタクロースさん宛に書く手紙が、この郵便局に届くのです。クリスマスの頃は、日中の気温も-10度以下になることが普通ですが、ここでは、スノーモービルにも挑戦してみましょう。サンタクロースさんの村で、スノーモービルに乗って、童心にかえるなんて、なかなか楽しそうですね。また、トナカイとハスキーに引かれて、雪の世界を楽しむこともできます。

← 古い投稿